[non titled]

トレーディングとイラスト練習と空間と

夏の家2018

空間の役割からいじってみる

大まかな空間は考えた。またいじってみる。この正方形の平面にはトイレをする空間、浴びる空間、つくる、書く、食べる、寝る、などがある。 書く空間と食べる空間が被っていることに気が付いた。で、食べる空間をキッチン側に持っていくことを考えてみた。キ…

8月1日 居室を考える

大きな枠組みはこれくらいにする。これから軸組みから詳細と考えていく。 隅を白系で塗り回して仕上げたい。Rは大きめにとって柔らかい印象にならないかな。南側2枚引き違いはシャワー室側戸袋に納まるような感じにして全面開放できる。南にはもう一つ突き上…

8月1日 シャワー室を考える2

どうもリアルに体験しないと寸法的に問題はないのかよく判断できない。家でシャワー室の動作寸法を確認するのに使えるのがトイレで、在来木造なら芯々910mmであれば内法は大体800前後。僕の住んでいるところだと800mmだった。設計資料集成によるとシャワー室…

8月1日 シャワー室を考える

何となく窮屈そうな感じ。動作寸法、断面をもう少し眺める。 シャワー室天井はもっと落としたほうがよさそうな気がした。 レンダリングでは500サンプリングでノイズが酷かったから直接サンプルと間接サンプルの値を1.00に設定。

7月31日 シャワー室を考える

910×1365のシャワー室。脱衣室とはガラス戸で区切るようにして視線が通るように。引き戸の水仕舞は何となくイメージつくけれど、開き戸の水仕舞が謎。 シャワー室は勾配天井として通気用にトップライト、壁側の窓は下に配置するか。 脱衣室側の照明は入り口…