[non titled]

2年目

建物散歩2週目

f:id:sian-area:20190421201142j:plain

f:id:sian-area:20190421201138j:plain
今日は笹塚駅から南東へ下って旧前田家まで散歩。

正直なところ豪華だとは思うけれど、それ自体はあまり興味はなかった。自分の行動を思い返してみると、気になったのは階段の裏や階段を下りた先にある小さなスペース。つまり今日はディテールという視点は持っていなくて、白模型を見るような感じで建物の中を歩いていた。今度からどういう視点で見るか意識的に決めて見てみようと思う。それこそ、床板のはりかたとか、照明器具、金具みたいな感じでも良いかも。

建物をみたり、中にはいったりしてもあまり感じるものがないのは、自分の知識とか、自分が持っている課題がないからなのかも。今日みた建物に関連することを学んでもう一度行ったらまた発見できることがあるかもと思うと、知ることに対するモチベーションはあがる。

途中気になるビルもいくつか見つけて、そのうちのひとつの店にも立ち寄った。体験したことをより深く活用するにはたくさんの経験と勉強が必要だけれど、知識がなくとも実際に空間を体験してくることはやっぱり大事だった。

これからも続けていく。

夜は建築士の勉強とか図面を読むのに時間を使っているけれど、出かけた日の夜はその日訪れた場所についてゆっくり考える時間にしよう。

f:id:sian-area:20190421201127j:plain

4月第1回建物散歩

新宿から赤坂見附まで散歩。

新宿東南口から甲州街道へ出て新宿御苑沿いに歩いて新宿通りを東へ。御苑沿いは駅周辺と変わって落ち着いた通り。新宿は駅の印象が強くて良い印象はなかったけど、全然違った。

 

新宿通りを少し歩くと右側に波打ったファサードを持つ建物が見えてくる。これは韓国の建物みたい。このコリアセンターがあの通りで一番パッと印象に残るビルだった。

 

四谷三丁目で西に曲がって外苑東通りを行くと信濃町につく。その後は首都高南側の住宅街を通って迎賓館  赤坂離宮へ。それまでのビルがぎゅうぎゅうにつまった通りから一変して空は広く通りはゆったりとした景色へと変わった。あのゆとりのある広い通りは、昔行ったカリフォルニア大学バークレー校界隈の通りを思い出した。ああいう広々したところには住んだこともなければ、行くこともほとんどなかったから余計に日本じゃない印象を受けた。
f:id:sian-area:20190407184559j:image

 

そのまま迎賓館を回り込むように南へ下ると日枝神社付近にたどり着く。
f:id:sian-area:20190407184540j:image

 

休みの日はほとんど出かけないインドア人間だけど、ただ散歩するだけでも色々刺激になる。週末の散歩はこのまま習慣にしていきたい。今度はこのルートを夜歩いてみたら面白そう。

少しだけ詳しく

日枝神社の鳥居は山王(さんのう)鳥居と呼ばれる類のもので、一般的な明神(みょうじん)鳥居と呼ばれる一番上にある横材に反りがみられるものに、破風型の合掌が付いたタイプ。

よく倒れないなと鳥居見るたびに思う。

f:id:sian-area:20190407212857j:plain

 

新宿通りで見かけて気になったビルはデータセンタと呼ばれる種類の建物らしい。が全く知らないタイプの建築。データセンタとはIT機器(コンピュータなど)を設置するための建物らしい。特別奇抜で目を引くような外観ではなかったけれど、パッと目に入ってかっこいいと感じた。

田舎のバス停

実家帰ると、普段描かないような風景とか描くから、違う環境で絵を描くのは良い。

昔に比べると大分柔らかいイラストを描けるようになったと思う。メンタルの状態が絵に出るんだなあ。

幼児の色塗りみたいXD
f:id:sian-area:20190406140351j:image